fc2ブログ

愛の一元論

エーリッヒ・フロム著「愛について」紀伊國屋書店


理想的なケースでは、母親の愛は、子供の成長を妨げたり、子供の無力さを助長したりはしない。母親は生命力を信じなければならない。心配しすぎて、その心配を子供に感染させるようなことがあってはならない。子供が独立し、やがては自分から離れていくことを願わなくてはいけない。


父親の愛は原理期待によって導かれるべきであり、脅したり権威を押し付けたりすることなく、忍耐強く寛大でなければならない。成長する子供に、すこしずつ自分の能力に気づかせ、やがて子供がその子自身の権威となり、父親の権威となり、父親の権威を必要としなくなるように仕向けなければならない。


やがて子供は成熟し、自分自身が自分の母親であり父親であるような状態に達する。成熟した人間は、いわば母親的良心と父親的良心を併せ持っている


母親的良心は言う。「おまえがどんな過ちや罪をおかしても、私の愛はなくならないし、おまえの人生と幸福に対する私の願いもなくならない」。

父親的良心は言う。「おまえは間違ったことをした。その責任を取らなければならない。何よりも、私に好かれたかったら。生き方を変えねばならない」。


ライオンの魂1
ライオンの魂2


成熟した人間は、自分の外側にいる母親や父親からは自由になっており、自分の内部に母親像・父親像をつくりあげている


しかし、フロイトのいう超自我とは違って、彼は母親や父親を自分のなかに取り込むのではなく、自分自身を愛する能力によって母親的良心を築き、理性と判断によって父親的良心を築き上げるのである。


しかも、母親的良心と父親的良心は互いに矛盾するように見えるが、成熟した人間はその両方によって人を愛する。父親的良心だけを保持しようとしたら、残酷で非人間的な人間になってしまうだろう。母親的良心だけを保持しようとしたら、判断力を失い、自分の発達も他人の発達も妨げることになるだろう。


母親への愛着から父親への愛着へと変わり、最後には双方が統合されるというこの発達こそ、精神の健康の基礎であり、成熟の達成である。神経症の基本原因は、この発達がうまくいかないことである


完全な人間1

完全な人間2

記事分類
新薬販促のため多額の金銭をバラまき
原子力発電所の仕組み M.V.ラマナとサジャン・サイニ
小出裕章「原発の終わらせ方~福島原発事故から10年のいま~」
ウクライナ・オン・ファイヤー
ジョン・ミアシャイマー「ウクライナ戦争を起こした責任はアメリカにある!」
健全な精神の小さな火花を燃やせ!
藤原直哉/4月:時局分析
藤原直哉/5月:時局分析
*
*
ランキングに参加しています
FC2ブログランキング
INポイントランキング
リンク
プロフィール

佐藤蓼丸

Author:佐藤蓼丸

内村鑑三の箴言
キルケゴールの箴言
芥川龍之介「蜘蛛の糸」朗読
クソどうでも良い仕事" は誰のため?
故赤木俊夫氏の主治医インタビュー
「悪の凡庸さ」ウィシュマさん死の映像
悪の本質は「受動性」
なぜ少なからぬ政治家はカルトに親和的なのか
能力の低い人ほど自己評価が高い/ダニング=クルーガー効果
能力の高い人ほど自己評価が低い/インポスター効果
【真理省】が捏造するプロパガンダ「オーウェル的な」
暴君のいない暴政「カフカエスク」
ナルシシズムという病
加藤諦三「ナルシシズムと攻撃性」
ケン・ロビンソン: 「教育の死の谷を脱するには」
陰(イン)陽(ヤン)の隠された意味 - ジョン・ベラミー
トゥルシー・ギャバード:大統領選スピーチ
エマ・ワトソン親善大使 国連でのスピーチ
マララ・ユサフザイ 国連本部でのスピーチ
グレタ・トゥーンベリ COP25でのスピーチ
「ミソジニー」ってよく聞くけど、どういう意味ですか?
予備校のノリで学ぶ「エントロピー」
諸行無常と諸法無我
藤原直哉「老齢先進国はどこへ行く」
藤原直哉「世界のタガが外れつつある」
藤原直哉「錯乱から沈黙に」
藤原直哉「トランプがSNSに戻ってきた」
金利上げるの?上げないの?【デモクラシータイムス】
2008年金融危機からの禁じ手による反則負け