fc2ブログ

一方通行の愛

エーリッヒ・フロム著「愛について」紀伊國屋書店


神経症になる一つの原因は、その人の母親が、愛情はあるが、甘すぎたり支配的だったりし、父親が弱く、子供に無関心なことである。


この場合、その人は、幼児期の母親への愛着にいつまでも固着し、大人になっても母親に依存したままで、無力感を持ちつづけ、いつでも何かをもらいたい、保護されたい、世話してもらいたいといった願望を抱き、いっぽう父親的な特質、すなわち規律、独立心、自分で自分の人生をコントロールする能力などが欠如している。彼らはあらゆる人の中に「母親」を探す。女性のなかに探すこともあれば、自分より目上の男性のなかに探すこともある。


反対に、母親が冷たく、何かを求めてもこたえてくれなかったり、支配的だったりすると、その人は、ある場合には、母親に保護されたいという欲求を、父親やその後に出会う父親的人たちに転移する


またある場合には、きわめて一面的な父親志向的人物になり、法・秩序・権威には全面的に屈服するが、無条件の愛を期待したり受け入れたりする能力の欠如した人間になる。もし父親が権威主義的で、しかも息子につよく執着している場合には、その傾向がますますひどくなる。


罰する父親1

罰する父親2


これらすべての神経症的発達に共通している特徴は、父性原理と母性原理のいずれかが正常に発達しない(この場合の方が神経症の度合いがより深刻である)か、または、父親と母親の役割(現実の母親と父親の役割分担に関しても、また人間内部母親的役割と父親的役割に関しても)が混乱しているということである。


もっとくわしく調べてみれば、強迫神経症のようなタイプの神経症の根底には、一方的な父親への愛着があり、他の神経症、たとえばヒステリーとか、アルコール中毒とか、自分を主張したり現実と折り合いをつける能力の欠如とか、抑鬱とかは、母親への一方的な愛着から生じるということがあきらかになるだろう。


シャーマンの能力1

シャーマンの能力

記事分類
新薬販促のため多額の金銭をバラまき
原子力発電所の仕組み M.V.ラマナとサジャン・サイニ
小出裕章「原発の終わらせ方~福島原発事故から10年のいま~」
ウクライナ・オン・ファイヤー
ジョン・ミアシャイマー「ウクライナ戦争を起こした責任はアメリカにある!」
メディアの報道の仕方が偏りすぎていると改めて感じました
長尾和宏コロナチャンネル「ワクチン後遺症」
健康情報発信チャンネル
大石邦彦【CBCテレビ公式】
養老孟司【人間関係と花鳥風月】
*
*
ランキングに参加しています
FC2ブログランキング
INポイントランキング
リンク
プロフィール

佐藤蓼丸

Author:佐藤蓼丸

内村鑑三の箴言
キルケゴールの箴言
芥川龍之介「蜘蛛の糸」朗読
クソどうでも良い仕事" は誰のため?
故赤木俊夫氏の主治医インタビュー
「悪の凡庸さ」ウィシュマさん死の映像
悪の本質は「受動性」
なぜ少なからぬ政治家はカルトに親和的なのか
能力の低い人ほど自己評価が高い/ダニング=クルーガー効果
能力の高い人ほど自己評価が低い/インポスター効果
【真理省】が捏造するプロパガンダ「オーウェル的な」
暴君のいない暴政「カフカエスク」
ナルシシズムという病
加藤諦三「ナルシシズムと攻撃性」
ケン・ロビンソン: 「教育の死の谷を脱するには」
陰(イン)陽(ヤン)の隠された意味 - ジョン・ベラミー
トゥルシー・ギャバード:大統領選スピーチ
エマ・ワトソン親善大使 国連でのスピーチ
マララ・ユサフザイ 国連本部でのスピーチ
グレタ・トゥーンベリ COP25でのスピーチ
「ミソジニー」ってよく聞くけど、どういう意味ですか?
予備校のノリで学ぶ「エントロピー」
諸行無常と諸法無我
藤原直哉「トランプがSNSに戻ってきた」
藤原直哉「歴史は繰り返す」
藤原直哉「老齢先進国はどこへ行く」
藤原直哉「世界のタガが外れつつある」
藤原直哉「錯乱から沈黙に」
藤原直哉/4月:時局分析
藤原直哉/5月:時局分析
健全な精神の小さな火花を燃やせ!