fc2ブログ

外向型の無意識の構え

今日我々は神話や歴史がなくても生まれることができ、生きることができる思っていますが、それは病んでいるのであって、完全に異常なことなのです。➡ヒストリーチャンネル「夢の賢者ユング」1、夢の生涯 より


C.G.ユング「タイプ論」みすず書房

次に心理的な基本機能が外向的な構えのためにどのような変化を蒙るかを述べることにしよう。

■無意識の構え

「無意識の構え」などと言うと、おそらく怪計な顔をされることと思う。しかし、これまで十分に明らかにしてきたように、私は意識に対する無意識の関係を補償的なものと考えている。この見方によれば、意識と同様に無意識も構えをもっていることになろう。


私は前項において外向的な構えにはある種の一面性へ向かう傾向があることを、すなわち心的現象の過程において客観的要因が主導権をとることを明らかにした。外向型はつねに(一見したところ)自らを客体の手に委ねようとし、主体を客体に同化させようとする。私は先に外向的な構えが度を過ごすといかなる結果が生じうるかについて詳しく述べておいた、すなわち主観的要因が有害な抑圧を受けるのである。


それゆえ意識の外向的な構えに対する心的な補償は、主観的要素を特別に強調するであろうと予想することができる。すなわち「外向型」の無意識の中には強度の自己中心的傾向が指摘されるはずである。


無意識の構えは、意識の外向的な構えを効果的に補完するために、一種の内向的な性格をもつ。無意識はエネルギーを主観的要素に、すなわち意識の構えがあまりに外向的なため抑圧されたり排除されたりしていた欲求や要求に、集中させる


おそらく前項を読んですでにお分かりのことと思うが、客体や客観的事実に従って方向づけがなされると主観的な心の動き・意見・希望・欲求・の多くがむりやり抑えつけられ、本来これらに注がれるべきエネルギーが奪われてしまうのは、分かりやすい道理である。


人間は機械ではないのだから、必要とあらばまったく別の目的のために作り直すことができ、そうすればまったく別の様式で以前と同じように規則正しく機能するなどということは絶対にないのである。


人間はつねに自らの全歴史と人類の歴史を背負っているのである。ところがこの歴史的要因は生死にかかわる欲求であって、これを満たすには賢明なやりくりが必要となる。過ぎ去ったものが新しいものの中で何らかの発言をし、それと共存していなければならないのである。


図:鈴木秀子著「9つの性格」PHP

外向型の落とし穴


記事分類
新薬販促のため多額の金銭をバラまき
原子力発電所の仕組み M.V.ラマナとサジャン・サイニ
小出裕章「原発の終わらせ方~福島原発事故から10年のいま~」
ウクライナ・オン・ファイヤー
ジョン・ミアシャイマー「ウクライナ戦争を起こした責任はアメリカにある!」
メディアの報道の仕方が偏りすぎていると改めて感じました
長尾和宏コロナチャンネル「ワクチン後遺症」
健康情報発信チャンネル
大石邦彦【CBCテレビ公式】
養老孟司【人間関係と花鳥風月】
*
*
ランキングに参加しています
FC2ブログランキング
INポイントランキング
リンク
プロフィール

佐藤蓼丸

Author:佐藤蓼丸

内村鑑三の箴言
キルケゴールの箴言
芥川龍之介「蜘蛛の糸」朗読
クソどうでも良い仕事" は誰のため?
故赤木俊夫氏の主治医インタビュー
「悪の凡庸さ」ウィシュマさん死の映像
悪の本質は「受動性」
なぜ少なからぬ政治家はカルトに親和的なのか
能力の低い人ほど自己評価が高い/ダニング=クルーガー効果
能力の高い人ほど自己評価が低い/インポスター効果
【真理省】が捏造するプロパガンダ「オーウェル的な」
暴君のいない暴政「カフカエスク」
ナルシシズムという病
加藤諦三「ナルシシズムと攻撃性」
ケン・ロビンソン: 「教育の死の谷を脱するには」
陰(イン)陽(ヤン)の隠された意味 - ジョン・ベラミー
トゥルシー・ギャバード:大統領選スピーチ
エマ・ワトソン親善大使 国連でのスピーチ
マララ・ユサフザイ 国連本部でのスピーチ
グレタ・トゥーンベリ COP25でのスピーチ
「ミソジニー」ってよく聞くけど、どういう意味ですか?
予備校のノリで学ぶ「エントロピー」
諸行無常と諸法無我
藤原直哉「トランプがSNSに戻ってきた」
藤原直哉「歴史は繰り返す」
藤原直哉「老齢先進国はどこへ行く」
藤原直哉「世界のタガが外れつつある」
藤原直哉「錯乱から沈黙に」
藤原直哉/4月:時局分析
藤原直哉/5月:時局分析
健全な精神の小さな火花を燃やせ!