fc2ブログ

一人の人間として


アンソニー・スティーヴンズ「ユング」講談社選書メチエ


ユングの治療を受けた患者たちの多くは、彼はあたたかく、誠意をもって、とても鄭重に迎えてくれた、と証言している。


彼はどんなときにもユーモアのセンスを失わなかったから、もったいぶったり、偉そうにしていたりすることはありえなかったし、自分自身の人間としての弱さをけっして隠そうとはしなかった


たとえば彼は、ある新しい、不安に怯える患者がやってきたとき、安心させるような笑みを浮かべて、「そうですか、あなたも私と同じように困ってるんですね」と語りかけた。


ユングは、自分のもとを訪れる人びとを「患者」としてではなく一人の人間として迎えるべきだと考えていた。 ユングによれば、毎回の診療は臨床的会見であると同時に社会的な機会でもある


そのため、彼はけっして長椅子も、はっきりそれとわかる技法も使わなかったし、かけひきもせず、誰にたいしても、たまたま問題を抱えているかもしれないが、本質的には正常で健康な人として接した


もし人が神経症を抱えているとしたら、その点だけは特別だが、人は正常な人間として、社会的礼節をもって扱われるべきである。【ベネット『ユングとの出会い』】


患者たちにとっていちばん印象的だったのは、 ユングが分析的状況の中にいる、つまり全面的にそこにいるということだった。見えない所に離れているのではなく、投影のスクリーンとしてそこにいるのでもなく、転移を操るのでも、臨床を管理するのでもなく、なまの人間として、全身全霊をあげて仕事にかかわり、患者を、自分より劣った病人としてではなく、自分と同等の者として尊重した


彼は、自分は患者より優れているとか、すべての答えを知っているといった考えをいっさい退け、同時に、「傷ついた医者だけが治療できる」という信念を抱いていたから、自分自身の弱さをすすんで認めた


かならずしもすべての答えを知らないということがひじょうに大事である。知っていたとしても何ひとつよいことはない。というのも、患者が自分で答えを見つけるほうがずっと価値があるからだ。【ベネット『ユングとの出会い』】

記事分類
新薬販促のため多額の金銭をバラまき
原子力発電所の仕組み M.V.ラマナとサジャン・サイニ
小出裕章「原発の終わらせ方~福島原発事故から10年のいま~」
ウクライナ・オン・ファイヤー
ジョン・ミアシャイマー「ウクライナ戦争を起こした責任はアメリカにある!」
健全な精神の小さな火花を燃やせ!
藤原直哉/4月:時局分析
藤原直哉/5月:時局分析
*
*
ランキングに参加しています
FC2ブログランキング
INポイントランキング
リンク
プロフィール

佐藤蓼丸

Author:佐藤蓼丸

内村鑑三の箴言
キルケゴールの箴言
芥川龍之介「蜘蛛の糸」朗読
クソどうでも良い仕事" は誰のため?
故赤木俊夫氏の主治医インタビュー
「悪の凡庸さ」ウィシュマさん死の映像
悪の本質は「受動性」
なぜ少なからぬ政治家はカルトに親和的なのか
能力の低い人ほど自己評価が高い/ダニング=クルーガー効果
能力の高い人ほど自己評価が低い/インポスター効果
【真理省】が捏造するプロパガンダ「オーウェル的な」
暴君のいない暴政「カフカエスク」
ナルシシズムという病
加藤諦三「ナルシシズムと攻撃性」
ケン・ロビンソン: 「教育の死の谷を脱するには」
陰(イン)陽(ヤン)の隠された意味 - ジョン・ベラミー
トゥルシー・ギャバード:大統領選スピーチ
エマ・ワトソン親善大使 国連でのスピーチ
マララ・ユサフザイ 国連本部でのスピーチ
グレタ・トゥーンベリ COP25でのスピーチ
「ミソジニー」ってよく聞くけど、どういう意味ですか?
予備校のノリで学ぶ「エントロピー」
諸行無常と諸法無我
藤原直哉「老齢先進国はどこへ行く」
藤原直哉「世界のタガが外れつつある」
藤原直哉「錯乱から沈黙に」
藤原直哉「トランプがSNSに戻ってきた」
金利上げるの?上げないの?【デモクラシータイムス】
2008年金融危機からの禁じ手による反則負け