fc2ブログ

個性化の候補者

アンソニー・スティーヴンズ「ユング」講談社選書メチエ


私自身が教育分析を受けたイレーネ・チャンパーナウンは、 ユングの教育分析を受けた人だが、彼女はユングからこんな印象を受けたという。つまり、彼はたんに分析家だからそこにいるのではなく、私を通して自分自身の研究をしているのだ、彼もまた分析から学んでいるのだ、と。


そうした印象のおかげで、分析の重要性がますます高められたという。ユング自身も自伝のなかでそのことを認めている。 私の患者たちは私を、人間生活の現実のすぐそばまで連れていってくれたので、彼らから本質的な事柄を学ばないではいられなかったさまざまな種類の、心理的レベルのまったく異なる人びととの出会いは、私にとって、名士たちとの断片的な会話とは比べ物にならないほど大事だった。


とりわけ、彼が片時も忘れなかったのは、患者はひとりとして同じではないのであって、 一般法則とか、教条的観念とか、普遍的な方法を無理やりあてはめてはならない、ということだった。彼は弟子たちにこう教えた。「まず理論を勉強しなさい。そして、患者が部屋に入ってきたら、理論は全部忘れなさい」。 ユングは、集団療法大量生産的な治療法を嫌った。


「個人を相手にするときは、個人的理解だけが役に立つ」。すでにおわかりと思うが、患者にたいするユングの接し方は、伝統的な精神科医のそれとは根本的に異なっていた。伝統的な精神科医は、診察におとずれる人すべてに「医学的モデル」をあてはめ、「どこが悪いのか」を明らかにするために病気の兆候や症状ばかりに目を向け、診断を下し、治療法を処方する。だが、そのあいだ一貫して、臨床的距離職業的権威を保ちつづける。


それとは対照的に、 ユングは患者にたいして、病理学の立場からではなく、健康への期待という立場から接し、「どこが良くなるか」を明らかにしようとつとめた。彼は症状よりむしろ象徴や意味に焦点をあて、どのような元型的要求が満たされずに欲求不満に陥っているのかを発見しようとした


同時に、個人的な親密さと分析状況の「相互性」を通じて、患者に接した。この二つのアプローチの本質的な違いは、精神科医が患者を病の犠牲者と見るのにたいし、 ユング的アプローチは患者を個性化の候補者と見るということである。



記事分類
新薬販促のため多額の金銭をバラまき
原子力発電所の仕組み M.V.ラマナとサジャン・サイニ
小出裕章「原発の終わらせ方~福島原発事故から10年のいま~」
ウクライナ・オン・ファイヤー
ジョン・ミアシャイマー「ウクライナ戦争を起こした責任はアメリカにある!」
健全な精神の小さな火花を燃やせ!
藤原直哉/4月:時局分析
藤原直哉/5月:時局分析
*
*
ランキングに参加しています
FC2ブログランキング
INポイントランキング
リンク
プロフィール

佐藤蓼丸

Author:佐藤蓼丸

内村鑑三の箴言
キルケゴールの箴言
芥川龍之介「蜘蛛の糸」朗読
クソどうでも良い仕事" は誰のため?
故赤木俊夫氏の主治医インタビュー
「悪の凡庸さ」ウィシュマさん死の映像
悪の本質は「受動性」
なぜ少なからぬ政治家はカルトに親和的なのか
能力の低い人ほど自己評価が高い/ダニング=クルーガー効果
能力の高い人ほど自己評価が低い/インポスター効果
【真理省】が捏造するプロパガンダ「オーウェル的な」
暴君のいない暴政「カフカエスク」
ナルシシズムという病
加藤諦三「ナルシシズムと攻撃性」
ケン・ロビンソン: 「教育の死の谷を脱するには」
陰(イン)陽(ヤン)の隠された意味 - ジョン・ベラミー
トゥルシー・ギャバード:大統領選スピーチ
エマ・ワトソン親善大使 国連でのスピーチ
マララ・ユサフザイ 国連本部でのスピーチ
グレタ・トゥーンベリ COP25でのスピーチ
「ミソジニー」ってよく聞くけど、どういう意味ですか?
予備校のノリで学ぶ「エントロピー」
諸行無常と諸法無我
藤原直哉「老齢先進国はどこへ行く」
藤原直哉「世界のタガが外れつつある」
藤原直哉「錯乱から沈黙に」
藤原直哉「トランプがSNSに戻ってきた」
金利上げるの?上げないの?【デモクラシータイムス】
2008年金融危機からの禁じ手による反則負け