fc2ブログ

「金髪の獣」を予言

アンソニー・スティーヴンズ「ユング」講談社選書メチエ


終戦直後、 ユングは、テレジエンシュタット強制収容所で生き延びた、傑出したラビであり宗教学教授であったレオ・ベックと、重要な会見をもった。 1946年にチューリッヒにやってきたベックは、 ユングの招待を断ったので、 ユングはベックのホテルまで出向いた。二人は二時間にわたって話し合った。ベックは、それまで耳にしていたユング批判をひとつ残らず持ち出し、 ユングを責めた。ユングはそのひとつひとつに答え、ベックはそれに納得し、結局、二人は仲良く別れた。


二人の議論の最中に、 ユングは、国家社会主義にたいする彼の最初の評価は「間違っていた」ことを認めた。これはどういう意味だろうか。当時のすべての人びとと同じく、彼は、ヒットラーが彗星のようにあらわれ、瞬く間に権力の座についたことに衝撃を受け、この独裁者はドイツ人の無意識のなかに眠っていた何か異常なエネルギーを汲み上げているにちがいない、ということに気づいた。


だが、 1924年の終わり頃までには、鋭い眼識の持ち主の例にもれず、 ユングも、そのエネルギーが邪悪で病的な方向にむけられていることに気づいた。要するに、国家社会主義は、政治的現象としてではなく、心理現象としてユングの興味を惹いたのである


ナチスは、元型が個人を超えたレベルで機能した例であった。それは、抑圧された元型的要素は原始的・破壊的な形で無意識から噴出する傾向がある、という彼の見解と一致していた。


恐るべき先見の明によって、 ユングは1918年に発表した論文ですでにナチスの勃興を予言していた。


キリスト教によって、未開ドイツ人は上半分と下半分に分裂し、暗い側を抑圧することによって、明るい側を飼い馴らし、文明に適応させた。だが、暗い下半分はいまだに救出を、第二の馴化の呪文を、待っている。それまでは、先史時代の痕跡や集合的無意識と結びついたまま、独特な形でどんどん活性化されていくだろう。


キリスト教的な世界観がその権威を失うにつれ、「金髪の獣」が、いつでも飛び出していってすべてをめちゃくちゃにしてやろうと身構え、地下牢のなかをうろつきまわる音が、ますますはっきりと聞こえてきて、人びとを脅かすであろう。「無意識の役割」

記事分類
新薬販促のため多額の金銭をバラまき
原子力発電所の仕組み M.V.ラマナとサジャン・サイニ
小出裕章「原発の終わらせ方~福島原発事故から10年のいま~」
ウクライナ・オン・ファイヤー
ジョン・ミアシャイマー「ウクライナ戦争を起こした責任はアメリカにある!」
健全な精神の小さな火花を燃やせ!
藤原直哉/4月:時局分析
藤原直哉/5月:時局分析
*
*
ランキングに参加しています
FC2ブログランキング
INポイントランキング
リンク
プロフィール

佐藤蓼丸

Author:佐藤蓼丸

内村鑑三の箴言
キルケゴールの箴言
芥川龍之介「蜘蛛の糸」朗読
クソどうでも良い仕事" は誰のため?
故赤木俊夫氏の主治医インタビュー
「悪の凡庸さ」ウィシュマさん死の映像
悪の本質は「受動性」
なぜ少なからぬ政治家はカルトに親和的なのか
能力の低い人ほど自己評価が高い/ダニング=クルーガー効果
能力の高い人ほど自己評価が低い/インポスター効果
【真理省】が捏造するプロパガンダ「オーウェル的な」
暴君のいない暴政「カフカエスク」
ナルシシズムという病
加藤諦三「ナルシシズムと攻撃性」
ケン・ロビンソン: 「教育の死の谷を脱するには」
陰(イン)陽(ヤン)の隠された意味 - ジョン・ベラミー
トゥルシー・ギャバード:大統領選スピーチ
エマ・ワトソン親善大使 国連でのスピーチ
マララ・ユサフザイ 国連本部でのスピーチ
グレタ・トゥーンベリ COP25でのスピーチ
「ミソジニー」ってよく聞くけど、どういう意味ですか?
予備校のノリで学ぶ「エントロピー」
諸行無常と諸法無我
藤原直哉「老齢先進国はどこへ行く」
藤原直哉「世界のタガが外れつつある」
藤原直哉「錯乱から沈黙に」
藤原直哉「トランプがSNSに戻ってきた」
金利上げるの?上げないの?【デモクラシータイムス】
2008年金融危機からの禁じ手による反則負け