fc2ブログ

至高体験

A・グッゲンビュール-クレイグ「結婚の深層」創元社

つまり、我々は、救いとはまさしく何であるかを正確に言うことも、あるいは想像することさえもほとんどできないのであって、ただ様々な救済論的道筋を知っているだけである。救いの状態自体は、多分人間の生涯においては宗教的あるいは哲学的至高経験として短い瞬間に直観されるだけであろう


日没を見ているとき、あるいは俄雨の中に立っているとき、あるいは教会で洗礼を受けるとき、あるいは毎年の祝祭のときなど、ほんの数分間で、人は突然人生の 意味を知っていると信じることがある。そのとき人は彼自身の神性の火花に接するのである。


菅靖彦「心はどこに向かうのか」NHK Books

「至高体験」はある種の意識の高場状態である。今ふうな言い方をするなら、 ハイな状態である。そうした体験は人生を肯定的に捉えるきっかけとなり、人は前向きに生きるようになる、とマズローは考えた。


しかし、それにも程度がある。高揚した意識状態は長つづきしない。長つづきさせる方法はないだろうか。そのような状況の下で、古来から神秘体験と呼ばれてきたものへと関心が広がっていくのはある意味で必然だった。


マズローが生きた1960年代の後半、アメリカではすでに、10年以上も前に渡米した日本人の禅僧が道場を開いたり、中国共産党の侵攻によってチベットを追われたチベット仏教の僧たちが、アメリカに亡命し、仏教的な実践を広めていたりしたこともあって、禅や瞑想が一般の間にかなり広く普及していた。他方でLSDをはじめとするサイケデリック物質が人々の間に広がり、宗教的な世界で語り継がれてきたような神秘的体験をする者が続出していた。


そうした経緯があったからこそ、当時の西洋の心理学者たちも神秘主義的な体験に目を向けざるをえなかったのである。 一旦、東洋の霊的修行に目を転じた西洋の心理学者たちが、そこにあらゆる種類の「至高体験」と、それらの体験を誘発し、維持する体系的な手法を見出し、ショックを受けただろうことは容易に察しがつく


こうして西洋における人間の可能性の追求は、東洋の神秘思想とその修行体系をも包括する新しい心理学の勢力、トランスパーソナル心理学へと発展していったのである。

記事分類
新薬販促のため多額の金銭をバラまき
原子力発電所の仕組み M.V.ラマナとサジャン・サイニ
小出裕章「原発の終わらせ方~福島原発事故から10年のいま~」
ウクライナ・オン・ファイヤー
ジョン・ミアシャイマー「ウクライナ戦争を起こした責任はアメリカにある!」
メディアの報道の仕方が偏りすぎていると改めて感じました
長尾和宏コロナチャンネル「ワクチン後遺症」
健康情報発信チャンネル
大石邦彦【CBCテレビ公式】
養老孟司【人間関係と花鳥風月】
*
*
ランキングに参加しています
FC2ブログランキング
INポイントランキング
リンク
プロフィール

佐藤蓼丸

Author:佐藤蓼丸

内村鑑三の箴言
キルケゴールの箴言
芥川龍之介「蜘蛛の糸」朗読
クソどうでも良い仕事" は誰のため?
故赤木俊夫氏の主治医インタビュー
「悪の凡庸さ」ウィシュマさん死の映像
悪の本質は「受動性」
なぜ少なからぬ政治家はカルトに親和的なのか
能力の低い人ほど自己評価が高い/ダニング=クルーガー効果
能力の高い人ほど自己評価が低い/インポスター効果
【真理省】が捏造するプロパガンダ「オーウェル的な」
暴君のいない暴政「カフカエスク」
ナルシシズムという病
加藤諦三「ナルシシズムと攻撃性」
ケン・ロビンソン: 「教育の死の谷を脱するには」
陰(イン)陽(ヤン)の隠された意味 - ジョン・ベラミー
トゥルシー・ギャバード:大統領選スピーチ
エマ・ワトソン親善大使 国連でのスピーチ
マララ・ユサフザイ 国連本部でのスピーチ
グレタ・トゥーンベリ COP25でのスピーチ
「ミソジニー」ってよく聞くけど、どういう意味ですか?
予備校のノリで学ぶ「エントロピー」
諸行無常と諸法無我
藤原直哉「トランプがSNSに戻ってきた」
藤原直哉「歴史は繰り返す」
藤原直哉「老齢先進国はどこへ行く」
藤原直哉「世界のタガが外れつつある」
藤原直哉「錯乱から沈黙に」
藤原直哉/4月:時局分析
藤原直哉/5月:時局分析
健全な精神の小さな火花を燃やせ!