fc2ブログ

免疫システムの働き

近畿大学薬学部・久保道徳研究室「漢方医学双書ー1」排泄の医学と漢方


局所免疫を通過してしまうと、複雑なメカニズムを持つ免疫システムが働くようになります。一度かかったハシカは二度とかからないことはよく知られています。


それは消化、排泄の過程で一度マクロファージに貪食された異物の情報がマクロァージによってリンパ球という細胞に伝達されて記憶されるからです


リンパ球は骨髄でつくられT細胞とB細胞とに分化します。Tリンパ球は胸腺(Thymus)を通過するのでTリンパ球といわれます。Tリンパ球には多くの種類があり、それぞれ役目がちがいます。


マクロファージからの情報を拡大してB細胞へ伝えるのがヘルパーT細胞です。逆に伝達を抑制するのがサプレッサIT細胞です。Tリンパ球からBリンパ球に異物の情報が伝達されると、形質細胞をへて免疫グロブリンという抗体がつくられます。


この抗体にはIgA、D、M、E、Gの五種類がありますが、これらは目的に応じて担当するものが異なります


IgAは局所免疫のところで述べたように分泌液中に多く分泌され細菌による感染が起こらないようにするものです。IgMは異物にくっついたり補体を活性化する働きを持っています。


IgEはマスト細胞(肥満細胞)にくっつく抗体です。このマスト細胞はアレルギーをもたらす原因となる細胞です。いろいろな抗原刺激によってマスト細胞の細胞膜が破壊されると、ケミカルメディエーターという物質がばらまかれ、かゆみや発疹などが現われてくるのです


通常の人にはIgEはごくわずかしか存在しませんが、アレルギー体質の人には多量に存在します。


Th1とTh2



記事分類
新薬販促のため多額の金銭をバラまき
原子力発電所の仕組み M.V.ラマナとサジャン・サイニ
小出裕章「原発の終わらせ方~福島原発事故から10年のいま~」
ウクライナ・オン・ファイヤー
ジョン・ミアシャイマー「ウクライナ戦争を起こした責任はアメリカにある!」
健全な精神の小さな火花を燃やせ!
藤原直哉/4月:時局分析
藤原直哉/5月:時局分析
*
*
ランキングに参加しています
FC2ブログランキング
INポイントランキング
リンク
プロフィール

佐藤蓼丸

Author:佐藤蓼丸

内村鑑三の箴言
キルケゴールの箴言
芥川龍之介「蜘蛛の糸」朗読
クソどうでも良い仕事" は誰のため?
故赤木俊夫氏の主治医インタビュー
「悪の凡庸さ」ウィシュマさん死の映像
悪の本質は「受動性」
なぜ少なからぬ政治家はカルトに親和的なのか
能力の低い人ほど自己評価が高い/ダニング=クルーガー効果
能力の高い人ほど自己評価が低い/インポスター効果
【真理省】が捏造するプロパガンダ「オーウェル的な」
暴君のいない暴政「カフカエスク」
ナルシシズムという病
加藤諦三「ナルシシズムと攻撃性」
ケン・ロビンソン: 「教育の死の谷を脱するには」
陰(イン)陽(ヤン)の隠された意味 - ジョン・ベラミー
トゥルシー・ギャバード:大統領選スピーチ
エマ・ワトソン親善大使 国連でのスピーチ
マララ・ユサフザイ 国連本部でのスピーチ
グレタ・トゥーンベリ COP25でのスピーチ
「ミソジニー」ってよく聞くけど、どういう意味ですか?
予備校のノリで学ぶ「エントロピー」
諸行無常と諸法無我
藤原直哉「老齢先進国はどこへ行く」
藤原直哉「世界のタガが外れつつある」
藤原直哉「錯乱から沈黙に」
藤原直哉「トランプがSNSに戻ってきた」
金利上げるの?上げないの?【デモクラシータイムス】
2008年金融危機からの禁じ手による反則負け