fc2ブログ

免疫グロブリン

■アレルギーには免疫反応が関係している

⇒  体に入ってきた異物に対して、体を守ろうとするのが免疫

⇒  この反応が強すぎるものがアレルギー

⇒  アレルギーの原因は、免疫の種類、抗体の種類、機序、アレルギー反応の四つに大別される。


■アレルギー用語

抗原⇒  体に入ってきた異物

抗体⇒  異物に対抗して戦うたんぱく質


■免疫グロブリン

体液性免疫であるB細胞は形質細胞に変化すると、抗体(免疫グロブリン)を産生して抗原を攻撃する。


免疫グロブリンは特定の抗原と結合するたんぱく質

➡ 抗原が細胞とくっつくのを防ぐ

➡ 毒素が出ないようにする

➡ 補体(血液中に含まれるたんぱく質の一種であり、C1~C9までの9つの種類がある)を活性化する。免疫グロブリンや補体がくっつくと貪食細胞に食べられやすくなる(オプソニン効果)


➡ 免疫グロブリンは肥満細胞から、ヒスタミンやロイコトリエンなどの化学伝達物質を放出させる働きがある


■マスト細胞が、細胞質に貯蔵された顆粒を放出しています。 この現象を脱顆粒と呼びます。 マスト細胞は全身の粘膜および結合組織に存在しており、細胞膜には体外から入ってくる異物を認識するIgE抗体が多数付着しています。 それらIgEに抗原が結合することで脱顆粒が引き起こされます。 これらの顆粒にはヒスタミンなどのケミカルメディエーターが含まれ、花粉症や蕁麻疹などの即時型アレルギー反応を引き起こします。➡ タイムラプスビジョン(YouTube)

記事分類
新薬販促のため多額の金銭をバラまき
原子力発電所の仕組み M.V.ラマナとサジャン・サイニ
小出裕章「原発の終わらせ方~福島原発事故から10年のいま~」
ウクライナ・オン・ファイヤー
ジョン・ミアシャイマー「ウクライナ戦争を起こした責任はアメリカにある!」
健全な精神の小さな火花を燃やせ!
藤原直哉/4月:時局分析
藤原直哉/5月:時局分析
*
*
ランキングに参加しています
FC2ブログランキング
INポイントランキング
リンク
プロフィール

佐藤蓼丸

Author:佐藤蓼丸

内村鑑三の箴言
キルケゴールの箴言
芥川龍之介「蜘蛛の糸」朗読
クソどうでも良い仕事" は誰のため?
故赤木俊夫氏の主治医インタビュー
「悪の凡庸さ」ウィシュマさん死の映像
悪の本質は「受動性」
なぜ少なからぬ政治家はカルトに親和的なのか
能力の低い人ほど自己評価が高い/ダニング=クルーガー効果
能力の高い人ほど自己評価が低い/インポスター効果
【真理省】が捏造するプロパガンダ「オーウェル的な」
暴君のいない暴政「カフカエスク」
ナルシシズムという病
加藤諦三「ナルシシズムと攻撃性」
ケン・ロビンソン: 「教育の死の谷を脱するには」
陰(イン)陽(ヤン)の隠された意味 - ジョン・ベラミー
トゥルシー・ギャバード:大統領選スピーチ
エマ・ワトソン親善大使 国連でのスピーチ
マララ・ユサフザイ 国連本部でのスピーチ
グレタ・トゥーンベリ COP25でのスピーチ
「ミソジニー」ってよく聞くけど、どういう意味ですか?
予備校のノリで学ぶ「エントロピー」
諸行無常と諸法無我
藤原直哉「老齢先進国はどこへ行く」
藤原直哉「世界のタガが外れつつある」
藤原直哉「錯乱から沈黙に」
藤原直哉「トランプがSNSに戻ってきた」
金利上げるの?上げないの?【デモクラシータイムス】
2008年金融危機からの禁じ手による反則負け