fc2ブログ

Th1/Th2細胞バランス

医療法人信岡会/菊池中央病院 「Th1/Th2細胞バランス」


リンパ球には、T細胞と、抗体を作るB細胞があります。T細胞には、さらに、単球・マクロファージ(抗原提示細胞)から抗原を提示され、免疫反応を調節するヘルパーT細胞とウイルス感染細胞などを障害するキラーT細胞があります。


ヘルパーT細胞には、Th1細胞とTh2細胞とがあります。抗原提示細胞がIL-12を産生するとTh1細胞(細胞性免疫)が多くなりPGE2を産生するとTh2細胞(液性免疫)が多くなりますIL-12やPGE2は情報を伝達するたんぱく質です。


細菌感染やアレルギーなどの免疫応答の鍵となるのが、Th1細胞と、Th2細胞の拮抗作用(Th1/Th2細胞バランス)であります。Th1細胞優位になりすぎると単一臓器の自己免疫疾患(多発性硬化症、クローン病など)になりやすく、Th2細胞優位になりすぎるとアレルギー疾患になりやすいといわれその人の体質に大きく関与しています。


また、Th1細胞が弱すぎると結核などの感染に弱くなったり、癌になりやすくなったりすることも予想されます。くすりで直接このバランスを変えることは現在では不可能です。


(中略)自然免疫は獲得免疫に比べて学習、記憶して働くわけではないので、特定の異物に対して爆発的に作用したりすることはできませんが、異物の処理能力が早く、簡単な情報で仕事をこなしていきます。それゆえ、仕事場は粘膜、皮膚、腸管など異物とふれやすいところです。


獲得免疫はより高い能力を発揮するためにリンパ節や血液の中で仕事をしています。特に抗原提示細胞の活発なところといえば腸のなかです。というのも腸のなかは多数の細菌がおり、私たちは常在菌を認識し、なかよく暮らしております。しかし、ある病原菌に対してはちゃんと敵と認識し、排除しようと戦いを始めます。


また、日々、いろいろな食物が通過しますが、ほとんどのものを免疫寛容し吸収しますが、体にとって毒なものはアレルギーとして排除します。これらの分別作業の大半を抗原提示細胞が行っています。私たちはここに働きかけることは可能なのです。この方面の研究はクローン病(Th1優位)と潰瘍性大腸炎(Th2優位)との対比で多くなされています


クローン病と潰瘍性大腸炎は腹痛、下痢、血便など症状は全く同じなのですが、その病態形成における免疫異常が全く異なっており、また、近年増加傾向にありその原因究明が急がれている病気です。

記事分類
新薬販促のため多額の金銭をバラまき
原子力発電所の仕組み M.V.ラマナとサジャン・サイニ
小出裕章「原発の終わらせ方~福島原発事故から10年のいま~」
ウクライナ・オン・ファイヤー
ジョン・ミアシャイマー「ウクライナ戦争を起こした責任はアメリカにある!」
健全な精神の小さな火花を燃やせ!
藤原直哉/4月:時局分析
藤原直哉/5月:時局分析
*
*
ランキングに参加しています
FC2ブログランキング
INポイントランキング
リンク
プロフィール

佐藤蓼丸

Author:佐藤蓼丸

内村鑑三の箴言
キルケゴールの箴言
芥川龍之介「蜘蛛の糸」朗読
クソどうでも良い仕事" は誰のため?
故赤木俊夫氏の主治医インタビュー
「悪の凡庸さ」ウィシュマさん死の映像
悪の本質は「受動性」
なぜ少なからぬ政治家はカルトに親和的なのか
能力の低い人ほど自己評価が高い/ダニング=クルーガー効果
能力の高い人ほど自己評価が低い/インポスター効果
【真理省】が捏造するプロパガンダ「オーウェル的な」
暴君のいない暴政「カフカエスク」
ナルシシズムという病
加藤諦三「ナルシシズムと攻撃性」
ケン・ロビンソン: 「教育の死の谷を脱するには」
陰(イン)陽(ヤン)の隠された意味 - ジョン・ベラミー
トゥルシー・ギャバード:大統領選スピーチ
エマ・ワトソン親善大使 国連でのスピーチ
マララ・ユサフザイ 国連本部でのスピーチ
グレタ・トゥーンベリ COP25でのスピーチ
「ミソジニー」ってよく聞くけど、どういう意味ですか?
予備校のノリで学ぶ「エントロピー」
諸行無常と諸法無我
藤原直哉「老齢先進国はどこへ行く」
藤原直哉「世界のタガが外れつつある」
藤原直哉「錯乱から沈黙に」
藤原直哉「トランプがSNSに戻ってきた」
金利上げるの?上げないの?【デモクラシータイムス】
2008年金融危機からの禁じ手による反則負け