fc2ブログ

タイプ3・幼児期の原点

ドン・リチャード・リソ著「性格のタイプ」春秋社


タイプ3は、幼児期の母親との関係のために、現在の姿を現しているーー彼らは、自分の母親もしくは母親に代わる人物と肯定的に結び付いていた。


タイプ3はこの結び付きから、母親が無制限に惜しみなく注目を与えたときにもったものと同じ無意識の期待をもって、その後のあらゆる人間関係に接することを学んだ。


彼らは、世の中が自分の母親と同じように無条件に自分を賞賛することを期待する


母親が自分を深く尊重してくれたため、彼らは自分自身を優れた存在であると見なすことを学び、自分の価値への賞讃と補強を受けるために他人に自分をただ提供するのでなく、人生がもっと多くを自分に求めることを期待する


自分が重要な存在であると感じさせてくれた母親の賞讃の凝視は、形はどうあれ、彼らが常に他人の目の中に探し求めている眼差しである。賞讃は彼らに生きていることと価値があることを感じさせる


賞讃されないと、自らの自己感覚がひどく脅かされるため、空虚さと敵意を感じる


しかし、不幸なことに、他人とこのような関係を結ぶことを学ぶことによって、タイプ3は現実の中で成長するようには励まされなかった。


タイプ3 は、自らの価値の確認が労せずに得られたため、どんなようにでも自分自身が限界づけられていることを認めることを学ばなかった。


彼らは超自我(良心)を発達させなかった。むしろ、タイプ3の中で極端に発達させられた能力は、イドとペルソナーー自分自身に投資できるエネルギーと、その自己投資から生じた心像であった。


自分をほとんど無限の可能性をもった人間であると見なし、その結果、自分に関してたやすく誇大妄想的な期待を抱く。彼らは、まさに自らの価値に対するその途方もない信念ゆえに、実際に成功することもある一しかし同時に、期待が際限なく膨らむままにさせておく傾向があるため、現実から相応の報いを受けて、後述するような不幸な結果を招く。


ペルソナ

コメントの投稿

非公開コメント

記事分類
日本人の交差免疫可能性を示唆する研究結果
感染1年後でも十分な量の中和抗体を保持(横浜市立大学の調査)
老化したキラーT細胞が重症化の原因
覆面取材(ジョンソン・エンド・ジョンソン社)
覆面取材(ファイザー社)
ワクチン接種を終えた人の間でADEが加速
2回ワクチン接種を受けた30歳以上は未接種者よりコロナ感染率が高い
コロナ感染した100人以上の連邦議員がイベルメクチン治療を隠していた
若者へのワクチン接種を中止にした国が出てきました!
心の面まで考えているのか?【周りが打ったから!かなり危ない】
*
*
ランキングに参加しています
FC2ブログランキング
INポイントランキング
リンク
内村鑑三の言葉
日本に欠乏しているものは何か。それは富ではない。知識ではない。才知ある計略でもない。愛国心でもない。道徳でもないだろう。欠けているのは「生きた確信」である。真理そのものを愛する「情熱」である。この確信、この情熱からくる無限の歓喜と満足である。
プロフィール

佐藤蓼丸

Author:佐藤蓼丸
私たちは体においてよりも、心において不健康である。⇨ ラ・ロシュフコー

クソどうでも良い仕事" は誰のため?
小出裕章「原発の終わらせ方~福島原発事故から10年のいま~」
故赤木俊夫氏の主治医インタビュー
雨宮処凛氏出演!『コロナ、自殺』(前半無料パート)
憎悪と嘲笑の濁流の正体
「悪の凡庸さ」ウィシュマさん死の映像
悪の本質は「受動性」
「感染症ムラ」の闇を暴く!
トゥルシー・ギャバード:大統領選スピーチ
自由の国アメリカの「自由からの逃走」
死なないことを選択し生きることを選ぶ/月万21/09/29
死なないことを選択し生きないことを選ぶ/「虫たちの日」
食料自給率をあげないと大変なことに/一月万冊21/10/04
新薬販促のため多額の金銭をバラまき
病院が逼迫しているのは「常習化」してます
なぜ少なからぬ政治家はカルトに親和的なのか
「無限に細かい事を気にしすぎて大きくて大切な物を見失いがちな日本人」一月万冊
藤原直哉「金利、上げるの上げないの?」
ポスト「新しい資本主義」一月万冊
銀行の崩壊と新しい金融。分散化社会の先にある金融。
「批判ばっかりは良くないよね」宣言に報道機関の終りを見た。一月万冊
黒塗りやめて白塗りにしました!?一月万冊
白塗り文書にしたから公約守りました!?一月万冊
不思議の国の日本/マイルドファシズム/一月万冊
金平茂紀:筑紫哲也『NEWS23』とその時代
金平茂紀「かつては格好いい人がいた」大竹まこと ラジオ