生態系は操作できない:野山の除染が進まない理由-3

我々は大地の一部であり

大地は我々の一部だ

大気は尊いものであり

あらゆる生き物と魂を共有している

大地が人に属するのではない

人が大地に属するのだ

 

あらゆるものは繋がりあっている

命の網を編んだのは人間ではなく

人間はそのなかの一本の縄に過ぎない

➡ チーフ・シアトルの言葉(1852年)

 

一般社団法人 日本土壌肥料学会のHPから

Q4. セシウム137は土に入るとどうなりますか?

A4. セシウム137は、土に強く保持される特徴があります。

 化学のお話になりますが、元素の周期律表をみると

セシウムは、ナトリウム(Na)やカリウム(K)と同じアルカリ金属に分類され、これらの元素と同じようにふるまうことがわかっています。土に入ってきたセシウムはカリウムと同じ様にプラスの手(荷電)をひとつもった陽イオンとしてふるまいます。一方、土はマイナスの手(荷電)を持っているため、プラスの陽イオンを引きつけてとどめる性質があります

 

さらに、土の中の粘土に含まれる鉱物(粘土鉱物)には色々な種類がありますが、その中には、セシウムを閉じ込めるのにちょうどいい大きさの穴を持つものがあります。このため、セシウムは他の陽イオンに比べ、土にしっかり保持されて、離れにくくなります。土に降ったセシウム137の70%が、粘土鉱物に強く保持されるという研究結果も報告されています。

 

Q7. 土から作物への吸収を少なくする方法はありますか?

A7. 土のカリウムの濃度が高いほど、セシウム137が作物へ吸収される量が少なくなるという研究事例があります。

土には、チッ素(N)、リン(P)、カリウム(K)の肥料が必要とされます。この3つの肥料のうち、カリウムを与えないと作物が吸収するセシウム137の量が増え、堆肥を畑に入れると減るという報告があります。このような研究から、作物への吸収をより少なくするような農耕地の肥培管理のできる可能性があります

コメントの投稿

非公開コメント

はてなブックマーク
このエントリーをはてなブックマークに追加
リンク
ブログラム
blogramのブログランキング
カテゴリ
神話の力
特定の文化や宗教に限定されない、新たな時代の神話の必要性
見えざる異性
女性原理が完全に欠如すると、男性は世界から切り離される。男性原理が完全に失われた女性に人格はない。
新ターニング・ポイント
衰退の時極まるとターニング・ポイントに至る
無境界
破壊と暴力は成長の失敗の結果である。エーリッヒ・フロム
BlogPeople
投票ボタン
ブログ村投票
プロフィール

スエスオ

Author:スエスオ
オリジナルのエッセイ・ブログを目指して鋭意更新中

ジャンプ!
自由からの逃走
人間性の諸価値から逃走する人は人間以下へ堕落する
タイプ論
人生に暗示を見つけられない人は、人生に打たれる
9つの性格
自己洞察が新しいトレンド
アメリカ個人主義の行方
進歩を目指し、変革し続けるアメリカの「市民」