2017年、初夢

(自分が体験しているというより、TVのドキュメンタリーを見ているという感じ)。

 

特別な身分のある若い女性が幼いころ、何かの儀式で使われていた「音楽」に怯え泣き出すハプニングがあったという話をアナウンサーらしき人が話している。現在、その何かの儀式と同じ「音楽」の流れるなか、その女性は恐れずに堂々と儀式に臨んでいる。その儀式は卒業式とか結婚式のような人生の区切りのようなもののようだ。

 

大きな古いお寺が大改装を行っていて、建物の中を大掃除している。本堂と他の建物をつなぐ、廊下のように細長いが決して小さくない建物の中に、そびえるように立つ古いクリスマスツリーのような巨大なモミの木がある。モミの木は枯れているが何故か倒れず、茶色の枝は生きている時のままで、所々に小さな松ぼっくりのような実や、ずいぶん前に結ばれて汚れたおみくじのようなものが見られる。テレビCMに出てくるの浦島太郎のような恰好をした若い寺の関係者が、「この木は随分とすごい仕事をしてきたんだねぇ」。と呟きながら、しきりと感心している。

 

ゴミを焼却する施設の中に「煙」がいつまでも残っていて、それはひどく臭いので外に出すことが出来なかった。そのため「煙」は建物の中に保管され、どんどん増えてゆくので社会問題になっていた。しかし、ついにその「煙」を分解する装置が開発されたのだ。〇〇TVのアナウンサーが、「わが社の焼却炉の煙をその装置で分解して匂いを嗅いでみようと思います」。と少し興奮しながら話している。分解作業が終わり、マスクを外して匂いを嗅ぎ「でもまだ少し臭いです」。と残念そうに語った。

 

道路に面した建物のベランダから、向かい側の古い木造家屋を圧縮空気を叩きつける装置で壊している。その装置は圧縮した空気をマシンガンあるいは、ピッチングマシンがボールを打ち出すように、空気の塊を連続して打ち出すことが出来る機械で、圧縮空気を叩きつけることにより、物体を粉々に砕くことが出来る。ボール大の圧縮空気で建物をある程度分解し、その瓦礫を道路に並べると、今度は機関銃の弾丸のように細かい圧縮空気で細かく粉砕してゆく。粉砕された瓦礫は土埃のように細かく砕かれ、風に乗って飛んで行ってしまった。

 

昔、よく知っていたアマガエルを誤って(軽く)踏んでしまい、ヨタヨタしていたので死んでしまったのかとも思ったが、そのアマガエルが「上の池」にもどって来たと誰かが話している。「下の池」は水のきれいなプールのような施設で、種類の違うすべての生物が話ができるようになっている。その施設でアザラシのような生き物が人間と話をしているのを見た。カエルの親子も何かお話をしていて、しばらくするとオタマジャクシに手足が生えて、小さなアマガエルに変わった。

コメントの投稿

非公開コメント

はてなブックマーク
このエントリーをはてなブックマークに追加
リンク
ブログラム
blogramのブログランキング
カテゴリ
神話の力
特定の文化や宗教に限定されない、新たな時代の神話の必要性
見えざる異性
女性原理が完全に欠如すると、男性は世界から切り離される。男性原理が完全に失われた女性に人格はない。
新ターニング・ポイント
衰退の時極まるとターニング・ポイントに至る
無境界
破壊と暴力は成長の失敗の結果である。エーリッヒ・フロム
BlogPeople
投票ボタン
ブログ村投票
プロフィール

スエスオ

Author:スエスオ
オリジナルのエッセイ・ブログを目指して鋭意更新中

ジャンプ!
自由からの逃走
人間性の諸価値から逃走する人は人間以下へ堕落する
タイプ論
人生に暗示を見つけられない人は、人生に打たれる
9つの性格
自己洞察が新しいトレンド
アメリカ個人主義の行方
進歩を目指し、変革し続けるアメリカの「市民」