ユング著「タイプ論」まえがき より

私が今も一人でいるのは、人が知りたいと思わないことを私が知らせてしまうかもしれないからだ。➡ ユング

(ユングは自宅に塔のような建物を建て、そこで仕事をすることが多かった)。

 

本書は臨床心理学における、ほぼ20年にわたる研究の成果である。このアイデアは、一方では精神科及び神経科における臨床やあらゆる階層の人々とのつき合いによって得られた無数の印象や経験から、他方では友人や反対者との私の個人的な討論から、そして最後に私自身の心理的特質の批判から、しだいに生まれてきたものである。私は読者を煩瑣(はんさ)な議論に悩ませることはしたくないと思った。その代わりに私が用いたのは、経験から引き出した私の考えを、歴史的にも用語においても、すでに存在している知見と関係づけることであった。私がそれを企てたのは、歴史的に正当に評価されたいと思ったからというよりは、むしろ専門医師たちの経験を狭い専門分野から広い世界に持ち出して、教養ある素人が専門分野の経験を利用できるようにしたいと思ったからである

(1920年春、チューリッヒ、キュスナハトにて、C・G・ユング)

 

すなわち批判はしばしば次のような誤りを犯している。つまり彼らはタイプがいわゆる勝手に考え出されたものであって、経験的素材にいわば押しつけられたものだと思い込んでいるのである。私はこの思い込みに対して、私のタイプ論は長年の臨床経験の結果であり、しかもこの経験は書斎派の心理学者にはまったくうかがい知ることのできないものであることを強調しておきたい。私は何よりもまず医師であり、臨床心理療法家であり、私の心理学の定式はすべて、日々の困難な職業労働の経験から生まれたものである。それゆえ私が本書で述べていることは、いわば一言一句が実際に患者を治療している中で何百回となく試みられたことであり、もともとはその中から生まれたものなのである。(第七版序文、より)

 

二つのタイプ

私が臨床医として神経症患者と接する中で、ずっと以前から気づいていたことがある。それは、人間心理には、多くの個々の差異のほかにタイプの違いもあるということである。中でもまっ先に私の注意をひいたのは、私が内向型および外向型と名づけた二つのタイプであった。

 

人間の人生の歩みを観察してみると、一方の人間の運命はむしろ彼の関心の対象によって影響を受け、他方の人間の運命はむしろ彼自身の内面によって(彼の主観によって)影響を受けていることが分かる。

そして私たちは、いくぶんかは前者か後者の側に片寄っているので、当然のことながら、何事もそのつど自分のタイプを基準にして理解しがちである

コメントの投稿

非公開コメント

はてなブックマーク
このエントリーをはてなブックマークに追加
リンク
ブログラム
blogramのブログランキング
カテゴリ
神話の力
特定の文化や宗教に限定されない、新たな時代の神話の必要性
見えざる異性
女性原理が完全に欠如すると、男性は世界から切り離される。男性原理が完全に失われた女性に人格はない。
新ターニング・ポイント
衰退の時極まるとターニング・ポイントに至る
無境界
破壊と暴力は成長の失敗の結果である。エーリッヒ・フロム
BlogPeople
投票ボタン
ブログ村投票
プロフィール

スエスオ

Author:スエスオ
オリジナルのエッセイ・ブログを目指して鋭意更新中

ジャンプ!
自由からの逃走
人間性の諸価値から逃走する人は人間以下へ堕落する
タイプ論
人生に暗示を見つけられない人は、人生に打たれる
9つの性格
自己洞察が新しいトレンド
アメリカ個人主義の行方
進歩を目指し、変革し続けるアメリカの「市民」