外向型の「意識の構え」

<C・G・ユング著「タイプ論」みすず書房より>

誰でも外界から入ってくるデータを基準にして行動を決定するが、外界からのデータが決定的な役割を果たす場合もあれば、それほどでもない場合がある。

 

ある人は寒いとすぐにコートを着ようとするが、別の人は身体を順応させるためにすぐにコートは着ないという。ある人は、みんなが褒めているからと言って新人の歌手を賞賛するが、他の人は彼が気に入らないというよりは、むしろ皆が褒めているものが必ずしもそれに値しないという考えから彼を賞賛しない。ある人は経験に照らしてこれ以外はありえないという理由から既成事実に従うが、他の人はもう千回も同じことが続いたのだから千一回目には新しい事態が生ずるはずだと固く信じている

前者は既成の外的事実を基準にして自らを方向づけるし、後者は常に自分の意見を持っていて、それが彼と客観的な既成事実との間に割り込んでくるのである。

もっぱら客体や既成事実を基準に自らを方向付け、そのため重要な決定や行動が主観的な意見ではなく客観的な状況に支配されるとき、これを外向的な構えと呼び、これが習慣的になったものを外向的タイプと呼ぶ。ある人が良い意味でも悪い意味でも客観的状況やその要求に直接応えるかたちで考え・感じ・行動している場合、その人は外向型である。一見してわかるように主観的意見よりも客体の方が意識を決定する要因として大きな役割を演じている。もちろん彼にも自分の意見はあるのだが、その決定力は外界の客観的状況より小さいのである

 

こうして彼は絶対的な要因をつねに外界に見出すため、自分自身の中でそのような要因(主観的な意見)と出会えるなどと予想だにしない。彼は内界が外界の要求に屈しており、たしかに葛藤がないわけではないが、最後には常に客観的条件が勝利を収める

 

しかし、彼らの決定が常に外界からもたらされるのは、彼らが常に外界に期待しているからこそなのである。関心と注意は客観的出来事に、とりわけ最も身近な周囲の出来事に払われるので、行動もまた人物や事物の影響によって左右される

 

外向型の人は、常に現実の状況に対応しうる性質を持ち、客観的な出来事の範囲内で十分満足し、適切に活動する。そのため、この範囲を超えようと企てることは決してしない。同じことは興味のもち方にも言える。つまり客観的な出来事が無尽蔵に刺激を与えるので、普通これ以外のものに関心が払われることはないのである。

 

行動を規定する道徳法則も社会一般の道徳法則と一致している。社会の道徳観念が変化すれば、それに従って主体の道徳的観念も変化するので、心理的な態度全体が大きな影響を受けることがない。

 

このように、一見したところ生存条件に完全に、あるいは理想的に適応していることは、外向的な見方からすれば完全な適応状態に思える。しかし、俯瞰的にみると客観的状況がいかなる状況の元でも正常であるとは言えない。客観的条件は時代や場所によっては異常になることもあり得る。

 

こうした異常な状態に順応している個人は、たしかに周囲の異常な流儀とうまくやっていくが、それは同時に普遍妥当な生の法則(バイオフィラス)の見地から見ると、周囲の人々全員と一緒に異常な状態(ネクロフィラス)におかれているのである。そうなると一時的にはうまくやっているように思えても、最後には普遍的な生の法則に背いた罪により、周囲の人々と一緒に破滅してしまうのである。

コメントの投稿

非公開コメント

はてなブックマーク
このエントリーをはてなブックマークに追加
リンク
ブログラム
blogramのブログランキング
カテゴリ
神話の力
特定の文化や宗教に限定されない、新たな時代の神話の必要性
見えざる異性
女性原理が完全に欠如すると、男性は世界から切り離される。男性原理が完全に失われた女性に人格はない。
新ターニング・ポイント
衰退の時極まるとターニング・ポイントに至る
無境界
破壊と暴力は成長の失敗の結果である。エーリッヒ・フロム
BlogPeople
投票ボタン
ブログ村投票
プロフィール

スエスオ

Author:スエスオ
オリジナルのエッセイ・ブログを目指して鋭意更新中

ジャンプ!
自由からの逃走
人間性の諸価値から逃走する人は人間以下へ堕落する
タイプ論
人生に暗示を見つけられない人は、人生に打たれる
9つの性格
自己洞察が新しいトレンド
アメリカ個人主義の行方
進歩を目指し、変革し続けるアメリカの「市民」