精神の現実性

ユングは心を病んだ少女の話をし彼女は月にいた」と言いました。彼がそれを理に適ったことのように言うので、私が怒って「月にいたわけないでしょう!」というと彼はいたよ」と言いました。私は「そんなことはあり得ない月には人が住めないのだから、彼女がそこにいたはずはない」と言いました。彼はただ私を見て彼女はいた」といいました。私が彼が正気でないか、それとも私が愚かなのかと悩みました。そして不意に分かり始めたのです。

 

精神に起こることはそれを経験する人にとっては現実なのだということを、彼は言いたかったのだと。私は精神の現実性を理解したのです。➡ 夢の賢者ユングより

 

<C・G・ユング著「タイプ論」みすず書房より>

この心的構造は、ゼーモンがムネメと名づけ、私が集合的無意識と名づけたのと同じものである。個々の自己は、あらゆる生物にあまねく内在し、各生物に応じて異なる性質を持つ心的過程の一部・一片、代表である。これは生得的にあらゆる存在に繰り返し与えられる。

 

昔から行動に対する生得的な様式は<本能>と呼ばれてきたが、客体に対する心的理解の様式ないし形式を私は<元型>と呼ぶように提唱してきた。

 

元型はシンボルであり、いかなる意識的な概念も存在しないとき(睡眠中の夢や瞑想、あるいは、何らかの理由で意識が判断をやめてしまった場合)に機能する。集合的無意識の内容は、はっきりした好みや見解となって意識の中に入ってくる。

 

元型は心の無意識的な構造に由来し、客体の作用を通じて誘発される。この主観的な好みや見解は客体の影響力よりも強力である。すなわち心的な価値が高いために、あらゆる印象を凌駕する。

このため内向型の人は、客体がつねに決定的でなければならないということに納得がいかない。逆に外向的な人は、主観的な立場が客観的状況に優先しなければならないということに合点がいかない

 

外向型の人は内向型の人を、どうしても思い込みの強いエゴイストで、断定的な人間であると仮定しがちである。内向型の人がこうした<外向的な偏見>をもたれるのは、彼が断定的な言い方で、他人の意見をはじめから締め出そうとしている、あるいは、断固として主観的判断を、あらゆる客観的事実の上に置くかのような印象を与えるからである。

 

このような偏見に対し、内向型の人はほとんど正しい反論ができない。というのは、自らの主観的判断や知覚に無意識的ではあるが、普遍妥当な生の法則とも呼べる前提が含まれていることに気づいていないからである。時流に流されて彼は探求の目を外に向け、自らの意識の背後に何があるか探ろうとしない。

 

何らかの神経症に罹っている場合、自我が自己と無意識裡に同一化し、自己の評価が貶められ、自我が無限に膨張してしまう。そうなると、主観的要因の持つ世界観(普遍妥当な生の法則)が自我の中に押し込められ、偏った自我により、飽くことのない権力欲求や子供じみた自己中心性が生み出されるようになる。

コメントの投稿

非公開コメント

はてなブックマーク
このエントリーをはてなブックマークに追加
リンク
ブログラム
blogramのブログランキング
カテゴリ
神話の力
特定の文化や宗教に限定されない、新たな時代の神話の必要性
見えざる異性
女性原理が完全に欠如すると、男性は世界から切り離される。男性原理が完全に失われた女性に人格はない。
新ターニング・ポイント
衰退の時極まるとターニング・ポイントに至る
無境界
破壊と暴力は成長の失敗の結果である。エーリッヒ・フロム
BlogPeople
投票ボタン
ブログ村投票
プロフィール

スエスオ

Author:スエスオ
オリジナルのエッセイ・ブログを目指して鋭意更新中

ジャンプ!
自由からの逃走
人間性の諸価値から逃走する人は人間以下へ堕落する
タイプ論
人生に暗示を見つけられない人は、人生に打たれる
9つの性格
自己洞察が新しいトレンド
アメリカ個人主義の行方
進歩を目指し、変革し続けるアメリカの「市民」