アントロポス:人祖(オリジナルマン)

アニマは、必ずしも男性の情緒生活を代行したくないのです。男性が債務を果たさないから、仕方なく代行しているにすぎず、本当はこんなふうに言っているのです。

あなたはなぜ、あの人の、あの苛立たしい行為に何も言わないのですか。あなたが何も言わないのなら、私が言います」。

不幸なことに、男性の多くは感情表現が不得手です。男性たちは、ひたすら自分たちの関係が円滑気楽で、気やすいものであることを望み、情緒的に色づけされた議論や、難しい問題に関わるのを好みません。⇨ジョン・A・サンフォード「見えざる異性」創元社より

 

WONDER WOMAN - Official Origin Trailer

 

プラトン「饗宴」

原初の人間は、手足がそれぞれ4本で、それぞれ反対側を向いた頭が一つ、体が球体で神に匹敵する能力と知性があった。神は恐れと嫉妬から原初の人間を二つに裂き、それぞれが女性と男性になった。それ以来、人間は片割れを求めて出会い、結合することを求めるようになった。

シャーマンの守護霊

シャーマン(呪術師)には男性の場合は女性の守護霊、女性の場合は男性の守護霊がついていて、それぞれの守護霊はヒーリングの術を教えたり補助する役目をする。シャーマンの特殊能力は「内なる異性」を開発することにより得られる。

ニコライ・ベルジャーエフ(ロシアの哲学者)

「人間は性的であるばかりでなく、両性具有的で、己の中に男性原理と女性原理を混在し、これらはある時は結合し、ある時には対立する。女性原理が完全に欠如すると男性は抽象的になり、世界から切り離される。また、男性原理が完全に失われた女性に人格はない。完全な人間になるためにはこの二つの原理を調和させるしかない。この結合は心理的両性具有者として自身の中で実現されるか、現実の二つの本質、男性性と女性性の交流を通して実現される」。

コメントの投稿

非公開コメント

はてなブックマーク
このエントリーをはてなブックマークに追加
リンク
ブログラム
blogramのブログランキング
カテゴリ
神話の力
特定の文化や宗教に限定されない、新たな時代の神話の必要性
見えざる異性
女性原理が完全に欠如すると、男性は世界から切り離される。男性原理が完全に失われた女性に人格はない。
新ターニング・ポイント
衰退の時極まるとターニング・ポイントに至る
無境界
破壊と暴力は成長の失敗の結果である。エーリッヒ・フロム
BlogPeople
投票ボタン
ブログ村投票
プロフィール

スエスオ

Author:スエスオ
オリジナルのエッセイ・ブログを目指して鋭意更新中

ジャンプ!
自由からの逃走
人間性の諸価値から逃走する人は人間以下へ堕落する
タイプ論
人生に暗示を見つけられない人は、人生に打たれる
9つの性格
自己洞察が新しいトレンド
アメリカ個人主義の行方
進歩を目指し、変革し続けるアメリカの「市民」